スリラー

週末残業仕事の帰り道。

 

考えごとしながら、音楽聴きながらてくてく歩いていましたところ、

思いがけず、

マイケル・ジャクソンの「スリラー」が、流れてきました。

 

ああ

今晩のようなジメジメした夏の夜に、ゾンビって出てきそうです。

 

そしてそれまで考えてた考えがストップして元に戻して考えようと思っても、私の脳はスリラー!スリラーナイ!を歌いたがってしまうのだった。

そして、あの、強烈なゾンビダンスを鮮烈に思い浮かべるのであった。

 

スリラーは全ての状況をストップさせて持っていってしまう曲であるなあ。

 

こんな夜は帰ってビールに枝豆か。