読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやじの背中

 

仕事辞めようかな

とか思うのだが

 

転職するには気力体力必要だな〜

と思うと

ちょっと思いとどまる

 

そもそも、

今の職業じたいが向いてないんではないか?

と思う。

強く、思う。

 

 

だけど、周りで働いてる人たちがすごいかというと、そうでもないよな、

と思う。

 

父親の人生を想う

父は、私と同じく、根性が足りないところがあって

ある程度のところに来たらそれ以上を諦めてしまう、疲れてしまうところがある

いつも最後の詰めが甘いのだ。

 

それにちょっと似ている。私は。

 

父の話を聞くと、そこで嫌にならずに続けてたらそこそこ名人になれたかもよ?と思う。

 

ここで今の職業を辞めて、職業訓練校みたいなとこ行って資格とって転職した方が良いのか、

 

このままたいして好きでもない仕事を続けてくのか

 

50、60になって後悔しないのはどっちの道だろうか?

と考えるがわからない。

 

テレビのインタビューで「おやじの背中を超えたいと思った」と喋っている人がいて、そう思うことがすごいなと思った。

そうやって微妙に進化してDNAの質を高めているのだなあと思った。

 

私は子供がいないので、DNAの質を高める必要は残念ながらない。

そもそもDNAの質っておやじの背中超えるくらいのことで高まるのかわからないけど、

 

きっとそうやって努力して努力して種が生き残っているんだ多分

 

世界は努力して努力してかないとついていかれない。

普通に暮らすには世界に振り落とされないように走らなきゃいけない。

 

怠けていたら、年下に追い抜かれる

頑張ってたって追い抜かれるかもしれない

自分は止まっても周りは必死に走っているから

 

世界は努力して努力してかないと振るい落とされる

 

もし私の先祖がすごい頑張り屋さんで、おやじの背中超える系の良い子孫が未来永劫続いていきますように!みたいなことを思ったり祈ってたりしてたのなら、申し訳ない気がする

 

ごめん

 

 

 

お彼岸だなあ