マリリン・マンソン

 

何かが不足している。

元気出すために必要な、何かが、あったはずだ…

 

元旦にマッドマックス観て、「マリリン・マンソンみたい…」と思ったことを思い出し、久々にマリリンマンソンを聴いた。アップルミュージックで。

 

20代の頃に大好きでよく聴いてたし、ビデオもよく見ていたんだけど、

 

嫁入り前に封印した。

 

というか、嫁入り前にブックオフに売ってしまってから、自分の中からオフされていた。

 

マリリンマンソンを聞き、

これだ!!

完全に、

これ(マリリンまんそ)が足りなかったんんだ!!

と。

 

体内のドス黒い部分に染みわたって、他にない充足感があります。

かつての私はこういうの聴いてて、ストレス解消していたのだった…ということを思い出した。

 

抑え込んでる自分の変人な部分やグロテスクな部分が引き出されるのだろうか。

 

どうでもいい。 かっこええ。

 

ビールを飲んで、マンソンのpvをみる。

 

よくこんな変人なの作れるなあ!と惚れ惚れします。

今は残念なことに丸々太っちゃっているので、昔のpv見るのが良いです。

 

今日なんか仕事で悩み事が出てしまい、肩こってるんですが、

そんな「新年初悩み」もどうでも良い。マンソンさん見ていたら、

肩の力が抜けてきました。

 

マンソンさんのCDを部屋に飾っていたら、お友達に「怖いからしまってよ」とマジで嫌がられてしまったのを思い出します。

メカニカル・アニマルズ

おわり